統合生理学研究センター 統合生理学研究部

部長     矢田 俊彦
Director   Toshihiko Yada, PhD

関西電力医学研究所 統合生理学研究センター センター長
関西電力医学研究所 統合生理学研究部 部長
神戸大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌内科学 客員教授
自治医科大学 名誉教授・客員教授
鹿児島大学 客員教授

研究部概要

統合生理学研究部では、摂食、糖代謝、エネルギー代謝の調節機構を、末梢(食事、胃腸膵肝)—中枢連関の視点に立ち、
特に求心性迷走神経と脳の役割から解明することを目指しています。
さらに、この視点から、糖尿病、肥満、フレイルの成因を明らかにし、現在の治療の学術基盤の提出、新規治療の開発を目指しています。

研究テーマ

① 摂食・中枢性糖代謝調節機構の解明

求心性迷走神経による、末梢情報(食事、胃腸膵肝)の受容と脳(摂食・代謝中枢)への伝達機構の解明をめざします。
特に、インクレチン、インスリン、グルコース、グレリン、食品成分に注目して研究を進めています。

② 希少糖アルロースによる摂食・糖代謝調節と糖尿病・肥満・過食の改善

希少糖のD-Allulose(アルロース、プシコース)はゼロカロリー甘味糖であり、経口投与により、食事性や遺伝性のメタボ動
物の肥満・糖尿病・摂食リズム障害を改善します。その作用にGLP-1と求心性迷走神経が関与しており、さらなるメカニズム
の解明と代謝疾患改善への応用をめざします。

摂食リズム障害の改善、肥満・糖尿病の改善

図1。希少糖D-Allulose(アルロース)経口投与による摂食抑制、耐糖能向上と、メタボ動物への長期投与による肥満・糖尿
病・摂食リズム障害の改善

③ インクレチンの多様な作用とメカニズム

インクレチン関連薬の臨床成績から、GLP-1、GIPの多様な作用、新規作用が示唆されています。
それらの作用メカニズムを解析し、本研究所の臨床部門とも連携して新規作用と治療効果を明らかにします。

④ 食欲不振・フレイルの改善

高齢者のサルコペニア、フレイル(心身機能の低下)は大きな医学的・社会的問題になっています。
これらの上流に食欲不振があります。
漢方薬の人参養栄湯や食品成分による食欲不振・フレイルの改善の基礎〜臨床展開研究を行います。

最近の代表的な論文

著者 論文題目
Goswami C, Dezaki K, Wang L, Inui A, Seino Y, Yada T. Ninjin-yoeito activates ghrelin-responsive and unresponsive NPY neurons in the arcuate nucleus and counteracts cisplatin-induced anorexia.
Katsurada K, Nakata M, Saito T, Zhang B, Maejima Y, Nandi SS, Sharma NM,. Patel KP, Kario K, Yada T. Central Glucagon-like Peptide-1 Receptor Signaling via Brainstem Catecholamine Neurons Counteracts Hypertension in Spontaneously Hypertensive Rats. 
Iwasaki Y, Kumari P, Wang L, Hidema S, Nishimori K, Yada T. Relay of peripheral oxytocin to central oxytocin neurons via vagal afferents for regulating feeding.
矢田俊彦、岩﨑有作 糖尿病と希少糖のここがわからない!?

 

2019年度業績

原著論文(英語/日本語)

著者 タイトル 掲載誌名
掲載号等・掲載年
Ranjan A, Choubey M, Yada T, Krishna A. Direct effects of neuropeptide nesfatin-1 on testicular spermatogenesis and steroidogenesis of the adult mice. Gen Comp Endocrinol.
2019 Jan 15;271:49-60. doi: 10.1016/j.ygcen.2018.10.022. Epub 2018 Nov 1.
Goswami C, Dezaki K, Wang L, Inui A, Seino Y, Yada T. Ninjin-yoeito activates ghrelin-responsive and unresponsive NPY neurons in the arcuate nucleus and counteracts cisplatin-induced anorexia. Neuropeptides. Neuropeptides.
2019 Jun;75:58-64. doi: 10.1016/j.npep.2019.03.001. 
Suzuki H, Ataka K, Asakawa A, Cheng KC, Ushikai M, Iwai H, Yagi T, Arai T, Yahiro K, Yamamoto K, Yokoyama Y, Kojima M, Yada T, Hirayama T, Nakamura N, Inui A. Helicobacter pylori Vacuolating Cytotoxin A Causes Anorexia and Anxiety via Hypothalamic Urocortin 1 in Mice. Sci Rep.
2019, 9(1):6011. doi: 10.1038/s41598-019-42163-4
Yang Y, Zhang B, Nakata M, Nakae J, Mori M, Yada T. Islet β-cell-produced NUCB2/nesfatin-1 maintains insulin secretion and glycemia along with suppressing UCP-2 in β-cells. J Physiol Sci.
2019, 69(5):733-739. doi: 10.1007/s12576-019-00689-2. Epub 2019 Jun 21.
Katsurada K, Nakata M, Saito T, Zhang B, Maejima Y, Nandi SS, Sharma NM,. Patel KP, Kario K, Yada T. Central Glucagon-like Peptide-1 Receptor Signaling via Brainstem Catecholamine Neurons Counteracts Hypertension in Spontaneously Hypertensive Rats.  Sci Report.
2019 Sep 19;9(1):12986, doi: 10.1038/s41598-019-49364-x.
Iwasaki Y, Kumari P, Wang L, Hidema S, Nishimori K, Yada T. Relay of peripheral oxytocin to central oxytocin neurons via vagal afferents for regulating feeding. Biochem Biophys Res Commun.
2019 Nov 12;519(3):553-558. doi: 10.1016/j.bbrc.2019.09.039. Epub 2019 Sep 16.
Ranjan A, Choubey M, Yada T, Krishna A. Immunohistochemical localization and possible functions of nesfatin-1 in the testis of mice during pubertal development and sexual maturation. J Mol Histol. 
2019 Dec;50(6):533-549. doi: 10.1007/s10735-019-09846-8. Epub 2019 Sep 20.
Ranjan A, Choubey M, Yada T, Krishna A. Nesfatin-1 ameliorates type-2 diabetes-associated reproductive dysfunction in male mice. J Endocrinol Invest.
2019 Nov 5. doi: 10.1007/s40618-019-01136-0. [Epub ahead of print] 2020 Apr;43(4):515-528. 

 

総説(日本語)

著者 タイトル 掲載誌名
掲載号等・掲載年
矢田俊彦 環境因子と発達、成長、加齢 標準生理学
第9版第62章, 947-952, 2019
矢田俊彦、岩﨑有作 糖尿病と希少糖のここがわからない!? Diabetes Strategy
9(1), 23-29, 2019
矢田俊彦、岩﨑有作 希少糖アルロースによる過食・肥満・糖尿病の改善:GLP-1と求心性迷走神経の役割 生化学
第91巻第1号, 58-61, 2019
岩﨑有作、矢田俊彦 GLP-1リリーサー:希少糖アルロースの求心性迷走神経 GLP-1シグナリングを介した過食、肥満、糖尿病改善 内分泌・糖尿病・代謝内科 
第48巻, 第6号, 2019
矢田俊彦、前川文彦 認知症における食欲の亢進と不振―病態連関から食介入へ 臨床栄養
134(7), 952-957, 2019
矢田俊彦、岩﨑有作 摂食行動を支配する腸管ホルモン・迷走神経連関 メディカル・サイエンス・ダイジェスト
45(12), 6-9, 2019

 

学会(海外)招待講演、シンポジウムのみ記載

会名称 発表テーマ 発表者
日時 場所
第9回アジアオセアニア生理学会連合(FAOPS) 抗フレイル戦略 人参養栄湯による食欲中枢刺激と摂取回復 Toshihiko Yada
March 30,2019 Kobe, Japan
Mongolian National University of Medical Sciences, Invited Seminar Feeding regulation and obesity treatment: GLP-1 and rare sugar D-Allulose, Toshihiko Yada
June 18, 2019 Ulaanbaatar, Mongolia
NIPS International Workshop “Sensing food/nutrient/environment toward integrative metabolic regulation Ninjin-yoeito activates NPY neurons and restores appetite and body
weight in mice under chemotherapy: anti-frailty potential.
Toshihiko Yada, Lei Wang, Chayon Goswami, Katsuya Dezaki
July 7-8, 2019  Okazaki, Japan
NIPS International Workshop “Sensing food/nutrient/environment toward integrative metabolic regulation Intestinal GLP-1 release by oral administration of rare sugar D-alluloseameliorates arrhythmic-overeating and obesity via vagal afferents. Yusaku Iwasaki  and Toshihiko Yada
July 7-8, 2019  Okazaki, Japan
NIPS International Workshop “Sensing food/nutrient/environment toward integrative metabolic regulation Meal-related hormones regulate insulin release via TRP channel signaling in islet b-cells. Katsuya Dezaki and Toshihiko Yada
July 7-8, 2019  Okazaki, Japan
Rare Sugar Congress 2019 D-Allulose, a novel GLP-1 releaser, effectively and safely corrects hyperglycemia. Toshihiko Yada
December 3-5, 2019 Kagawa, Japan
The12th international SCWD Conference on Cachexia, Sarcopenia and Muscle Wasting Neurophysiological basis of anorexia-cachexia syndrome. Toshihiko Yada
December 6-8, 2019  Berlin, Germany

 

学会(国内)招待講演、シンポジウムのみ記載

会名称 発表テーマ 発表者
日時 場所
かがわ糖質バイオフォーラム第11回シンポジウム 希少糖D-アルロースによるGLP-1シグナリングと肥満・糖尿病の改善 矢田俊彦
2019.1.31 香川
第92回日本内分泌学会学術総会 希少糖アルロースによる内因性GLP-1放出と肥満・糖尿病改善の特徴 矢田俊彦
2019.5.9-11 仙台
第73回日本栄養・食糧学会大会 希少糖アルロースはGLP-1分泌と<求心性迷走神経→脳>軸の活性化を介してインスリン分泌及びインスリン作用を亢進させる 岩崎有作、矢田俊彦
2019.5.17-19 静岡
第62回日本糖尿病学会年次学術集会 GLP-1 放出因子 D-アルロースとGLP-1受容体作動薬の血糖降下作用の相違 矢田俊彦
2019.5.23-25 仙台
第7回北関東グルカゴン研究会 GLP-1リリーサー vs. GLP-1受容体作動薬:作用経路と効果の相違 矢田俊彦
2019.6.1 東京
第46回糖尿病臨床検討会 GLP-1受容体作動薬と希少糖アルロースによる肥満改善と作用メカニズム 矢田俊彦
2019.6.15 大阪
第4回食欲・食嗜好の分子・神経基盤研究会 末梢オキシトシンの求心性迷走神経を介した摂食抑制作用を担う視床下部ニューロンの解析 岩崎有作、矢田俊彦
2019.8.26-27 岡崎
令和元年自然科学研究機構 生理学研究所研究会 運動器/代謝系連関による生体機能抑制とその変容の仕組み 人参養栄湯による食欲促進:抗フレイルのストラテジー 矢田俊彦、王磊
2019.9.21-22 岡崎
令和元年自然科学研究機構 生理学研究所研究会 運動器/代謝系連関による生体機能抑制とその変容の仕組み GLP-1の自律神経反射を介した体熱産生作用 岩﨑有作、矢田俊彦
2019.9.21-22 岡崎

 

受賞

団体名 表彰名 受賞者
児玉記念基礎医学研究助成基金 優秀論文賞 矢田俊彦
日本肥満学会 学会賞 矢田俊彦
日本内分泌学会 EJ優秀論文賞 矢田俊彦

 

メンバー

部長 矢田 俊彦
研究員 王 磊
研究員 韓 婉昕