腎疾患・血液浄化療法研究部

部長     古宮 俊幸
Director   Toshiyuki Komiya, PhD

研究部概要

研究テーマ

腎疾患・血液浄化療法研究部では、腎炎から腎代替療法にいたるまで、その診断・治療の確立を目指して、臨床に即した研究を行っております。

① 腎病理組織学的研究

腎生検病理組織学的な検討を行うことにより、疾患の病態と予後を明らかにしていくことを目的として、研究を行っています。特に現在、脂質異常症による新しい腎疾患の概念を提唱すべく、他施設と共同研究を行っています。

② 糖尿病腎症の臨床的研究

末期腎不全で透析に至る最も多い原因が糖尿病腎症です。糖尿病腎症はある程度進行すると、その悪化を止めることはなかなか困難であり、比較的早く末期腎不全に至ってしまうことが知られています。末期腎不全に至らないためには、糖尿病初期からの血糖コントロール・血圧コントロールがきわめて重要です。一方で進行期になってからも適切な治療によりその増悪を止めることが求められています。当研究部では、糖尿病腎症の特に顕性腎症・腎不全期における増悪要因を解明し、より適切な治療法について確立していくことが目的として、研究を行っています。

③ 腎代替療法についての研究

腎疾患が進行し腎不全に至った際も、血液透析・腹膜透析・腎移植の治療法を選択することが可能です。これらの治療は非常に優れているものの非常にコストがかかり、高齢化及び増え続ける国民医療費負担の観点からは大きな問題です。当研究所では様々な腎代替療法の検討を行い、これからの高齢化社会におけるそれぞれの腎代替療法の可能性について、臨床的観点から検討を行っています。

平成29年度実績 原著論文(日本語)

著者 タイトル 掲載誌名 掲載号等・掲載年
小倉 美子, 岐部 公子, 村上 眞理子, 平瀬 康子, 中田 庸介, 鳥生 直哉, 松田 尚子, 古宮 俊幸 当院における腹膜透析導入後の患者・家族満足度調査 大阪CAPD研究会会誌 30, 31-35 2017

平成29年度実績 学会

会名称 日時 場所 発表テーマ 発表者
第62回日本透析医学会学術集会・総会 口演 2017年6月16日~18日 横浜 長期型バスキュラーカテーテルにより内頸静脈閉塞及び上大静脈狭窄を来たした慢性維持透析患者の1例 鳥生 直哉, 中田 庸介, 松田 尚子, 岡崎 瑞江, 武曾 惠理, 古宮 俊幸
第62回日本透析医学会学術集会・総会 口演 2017年6月16日~18日 横浜 トータルリーナルケアにおける腹膜透析のあり方を再考する 腹膜透析のメリットを最大限に利用する 横井 秀基, 古宮 俊幸, 八幡 兼成, 柳田 素子
第47回日本腎臓学会西部学術大会 口演 2017年10月13日~14日 岡山 管内増殖性腎炎をきたしたTAFRO症候群の1例 中田 庸介, 平島 尚子, 岩木 亮介, 岡崎 瑞江, 武曾 惠理, 古宮 俊幸

メンバー

部長 古宮 俊幸
上級特別研究員 戸田 尚宏
研究員 大石 佳央梨