腎疾患・血液浄化療法研究部

部長     古宮 俊幸
Director   Toshiyuki Komiya, PhD

関西電力医学研究所 腎疾患・血液浄化療法研究部 部長
関西電力病院 腎臓内科 部長

研究部概要

研究テーマ

腎疾患・血液浄化療法研究部では、腎炎から腎代替療法にいたるまで、その診断・治療の確立を目指して、臨床に即した研究を行っております。

① 腎病理組織学的研究

腎生検病理組織学的な検討を行うことにより、疾患の病態と予後を明らかにしていくことを目的として、研究を行っています。特に現在、脂質異常症による新しい腎疾患の概念を提唱すべく、他施設と共同研究を行っています。

② 糖尿病腎症の臨床的研究

末期腎不全で透析に至る最も多い原因が糖尿病腎症です。糖尿病腎症はある程度進行すると、その悪化を止めることはなかなか困難であり、比較的早く末期腎不全に至ってしまうことが知られています。末期腎不全に至らないためには、糖尿病初期からの血糖コントロール・血圧コントロールがきわめて重要です。一方で進行期になってからも適切な治療によりその増悪を止めることが求められています。当研究部では、糖尿病腎症の特に顕性腎症・腎不全期における増悪要因を解明し、より適切な治療法について確立していくことが目的として、研究を行っています。

③ 腎代替療法についての研究

腎疾患が進行し腎不全に至った際も、血液透析・腹膜透析・腎移植の治療法を選択することが可能です。これらの治療は非常に優れているものの非常にコストがかかり、高齢化及び増え続ける国民医療費負担の観点からは大きな問題です。当研究所では様々な腎代替療法の検討を行い、これからの高齢化社会におけるそれぞれの腎代替療法の可能性について、臨床的観点から検討を行っています。

2019年度業績

原著論文(英語/日本語)

著者 タイトル 掲載誌名
掲載号等・掲載年
Hirashima H, Komiya T, Toriu N, Hara S, Matsunaga A, Saito T, Muso E. A case of nephrotic syndrome showing contemporary presence of apolipoprotein E2 homozygote glomerulopathy and membranous nephropathy-like findings modified by apolipoprotein E Toyonaka. Clin Nephrol Case Stud.
 2018 Nov 30;6:45-51.
Toda N, Mori K, Kasahara M, Koga K, Ishii A, Mori KP, Osaki K, Mukoyama M, Yanagita M, Yokoi H.  Deletion of connective tissue growth factor ameliorates peritoneal fibrosis by inhibiting angiogenesis and inflammation. Nephrol Dial Transplant.
33(6):943-953, 2018
Arai H, Toda N, Kamimatsuse R, Nishioka K, Endo S, Akiyama S, Maruyama S, Matsubara T, Yokoi H, Yanagita M.  A Refractory Case of Secondary Membranous Nephropathy Concurrent with IgG4-related Tubulointerstitial Nephritis. internalmedicine
2018 Apr 27..0836-18.
Toda N, Mukoyama M, Yanagita M, Yokoi H. CTGF in kidney fibrosis and glomerulonephritis. Inflammation and Regeneration. Inflammation and Regeneration.
38:14, 2018
Erina Ono, Eiichiro Uchino, Keita P. Mori, Hideki Yokoi, Naohiro Toda, Kenichi Koga, Masato Kasahara, Takeshi Matsubara, Motoko Yanagita. Peritonitis due to Mycobacterium abscessus in peritoneal dialysis patients: case presentation and mini-review. Ren Replace Ther.
2018;4:52.
Toda N, Asada S, Komiya T. Brachiocephalic Vein Occlusion from a Tunneled Hemodialysis Catheter. Intern Med.
2019 Jul 10.
Kinashi H, Toda N, Sun T, Nguyen TQ, Suzuki Y, Katsuno T, Yokoi H, Aten J, Mizuno M, Maruyama S, Yanagita M, Goldschmeding R, Ito Y. Connective tissue growth factor is correlated with peritoneal lymphangiogenesis. Sci Rep.
2019 Aug 21;9(1):12175.
Toda N, Yanagita M, Yokoi H. Urgent-start peritoneal dialysis after laparoscopic dialysis catheter implantation: A single center experience. Ren Replace Ther.
2019;5:43.
Anno E, Hori K, Hoshimoto A, Harano M, Hagiwara S, Oishi K, Yokoyama Y, Tsukamoto Y, Kubota M.  Successful peritoneal dialysis for the end-stage kidney disease associated with Prader-Willi syndrome: a case report. CEN Case Rep.
2019;8(3):216-220
Yoko Obata, Miho Murashima, Naohiro Toda, Shuto Yamamoto, Yoshihiro Tsujimoto, Yasushi Tsujimoto, Hiraku Tsujimoto, Hidemichi Yuasa, Munekazu Ryuzaki, Yasuhiko Ito, Tadashi Tomo and Hidetomo Nakamoto. Topical application of mupirocin to exit sites in patients on peritoneal dialysis: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. Ren Replace Ther. 
2020 6:12
3. 梅田百合子、梅井克行、岩田まり、中西一秀、戸田尚宏、古宮俊幸. 血液浄化装置ACH-Σにおける内圧式CART施行時の新規洗浄方法(逆濾過洗浄法)の検討 日本アフェレーシス学会雑誌
38(3)

 

総説(日本語)

著者 タイトル 掲載誌名
掲載号等・掲載年
古宮俊幸 VAIVT総点検 PTAで治らないのはナゼ? 大阪透析研究会会誌36巻2号
2018 185-8
戸田尚宏、横井秀基、柳田素子 高齢者腎不全の病態 Current Therapy
2018: 36(3), 21-26

メンバー

部長 古宮 俊幸
上級特別研究員 戸田 尚宏