糖尿病研究センター 代謝・栄養研究部

部長     浜本 芳之
Director   Yoshiyuki Hamamoto, MD, PhD

関西電力医学研究所 糖尿病研究センター 代謝・栄養研究部 部長
関西電力病院 糖尿病・代謝・内分泌センター 部長
関西電力病院 疾患栄養治療センター センター長

研究部概要

糖尿病研究センターでは、糖尿病をはじめとする代謝疾患、内分泌疾患の病態解明、新たな予防法や診断法、治療法の確立に資する研究を推進することを目的に研究を展開しています。糖尿病センターの代謝・栄養研究部では、膵β細胞の増殖・再生に関わる因子の解明や、インクレチンなど腸管への栄養素流入が刺激となって分泌されるホルモンのシグナルがどのように代謝に影響しているのかを研究し、治療への応用の可能性を探ります。

研究テーマ

①膵β細胞の増殖・再生

(背景ならびに研究方法)

糖尿病の病因は絶対的、あるいは相対的なインスリン不足です。2型糖尿病でも発症したときにはすでに膵β細胞量が50%程度に減少しているといわれ、特に日本人を含めたアジア人では欧米の白人と比較してインスリン分泌不全が主体であることが多いのが特徴です。膵β細胞からのインスリン分泌を維持する、あるいは膵β細胞量を増殖や再生などで増加することが出来れば、糖尿病は治る病気になります。

膵β細胞量のコントロールには様々な因子が関わっており、ブドウ糖や、インスリン、インクレチンなどのホルモンなど液性因子、そして神経系などが複雑に絡み合っていると考えられます。インスリン需要が増大すると、肝臓や脂肪組織、腸管、筋肉などから膵β細胞の増殖や再生を促進する因子が放出されると考えられますが、いまだ全容は解明されていません。本研究所では、GIPやGLP-1などのインクレチンが膵β細胞の増殖や再生に及ぼす影響のほか、インクレチン以外の液性因子についても研究を進めていきます。

 

最近の代表的な論文

著者 論文題目
S. Tokumoto, Y. Hamamoto, et al. Correlation of circulating betatrophin concentrations with insulin secretion capacity, evaluated by glucagon stimulation tests. Diabetic Medicine 2015; 32(5):653-6.
Yamane S, Hamamoto Y, Harashima S, Harada N, Hamasaki A, Toyoda K, Fujita K, Joo E, Seino Y, Inagaki N. GLP-1 receptor agonist attenuates endoplasmic reticulum stress-mediated β-cell damage in Akita mice. J Diabetes Investig. 2011; 2(2):104-10.
Hamamoto Y, Akashi T, Inada A, Bonner-Weir S, Gordon C. Weir. Lack of evidence for recipient precursor cells replenishing beta cells in transplanted islets.
Cell Transplantation. 2010; 19:1563-1572.

 

メンバー

部長 浜本 芳之
副部長
研究員 田中 永昭
研究員 山口 拓郎
研究員 清水 忍
研究員 江藤 博昭
研究員 松木 良介
研究員 遠藤 隆之
研究員 坂口 真由香
研究員 藤原 周一
研究員 桜町 惟
研究員 上野 慎士
研究員 岡本 紗希
研究員 平沢 良和
研究員 真壁 昇
研究員 森口 由香
客員研究員