糖尿病研究センター 先端糖尿病学研究部

部長     桑田 仁司
Director   Hitoshi Kuwata, MD, PhD

関西電力医学研究所 先端糖尿病学研究部 部長
関西電力病院 糖尿病・代謝・内分泌センター 医員

研究部概要

先端糖尿病学研究部は、糖尿病ならびに関連する代謝疾患の病態理解ならびに新規治療法につながるシーズの同定を目的として、メタボロミクスやプロテオミクスなどオミックス技術を従来からの生理学や細胞生物学に応用した基礎研究を協力に推進します。特に、膵β細胞研究に特化した先端的な基礎研究を企画・推進するほか、新たな診断法や治療法に転換する橋渡し研究を目指します。また、研究活動を通じて、博士研究者や大学院生、大学生を教育すると共に、膵β細胞研究を専門とする国内外の大学・研究機関と連携すると共に当該分野以外の研究機関や研究者と学際的な連携をはかることで、研究を推進していきます。

研究テーマ

①糖尿病や老化における膵β細胞内の代謝及びシグナル分子の網羅的解析による膵β細胞の機能や量を制御する代謝経路、シグナル経路の同定と解析

激増する糖尿病の大半を占める2型糖尿病の発症には、膵β細胞からのインスリン分泌障害と標的臓器におけるインスリン抵抗性が重要な役割を担います。日本人を含む東アジア人の2型糖尿病では、インスリン分泌能、特にブドウ糖や食事負荷後早期のインスリン分泌の障害の程度が、他民族と比較して大きいことから、過食や運動不足によりインスリン抵抗性が軽度増大するだけでも糖尿病発症にいたることが知られます。従って、日本人を含む東アジア人の糖尿病の予防や治療の新たな方法論を議論する上で、膵β細胞の機能や量を制御する分子メカニズムの解明は最重要課題とされます。

また、超高齢社会を迎えるわが国では高齢糖尿病患者の増加が予測される中、加齢に伴う膵β細胞の機能低下、細胞数減少が大きな問題とされています。しかるに、加齢が膵β細胞に及ぼすこれら影響の背景にある分子機構の全容は明らかでなく研究が急務です。本研究部では、糖尿病や老化における膵β細胞内の代謝及びシグナル分子を網羅的に解析することで、膵β細胞の機能や量を制御する代謝経路、シグナル経路の同定を試みます。また、従来からの実験系に加え、膵β細胞シミュレーションや分子イメージングを含めた様々な実験系を活用して新規治療法につながるシーズの解析を行っていきます。

②インクレチンを分泌制御機能に関する研究

栄養素によるインクレチン分泌制御機能の分子メカニズムは依然大部分が不明です。当研究部では、栄養素による刺激の順番がインクレチン分泌に大きく影響することを予備的に見出していますが、メタボロミクスやプロテオミクス、トランスクリプト―ムなどのオミックス技術を駆使することで、栄養素によるインクレチン分泌制御機構を分子レベルで明らかにし、インクレチン分泌を促進する創薬標的の同定を目指します。本研究成果は、インクレチン分泌促進を基軸に生活習慣病の発症予防や重症化抑制につながる治療法の開発に貢献することが期待されます。また、個別の栄養素に対するインクレチン分泌応答に必須の分子や代謝経路が報告されてきましたが、これら知見に基づき、数理的シミュレーションを行うことで、個別の栄養素に対するインクレチン分泌応答を検証すると共に、食事に含まれる様々な栄養素の集合体に対するインクレチン分泌応答を検討し、栄養素に対するインクレチン分泌応答機構の全容理解さらには、インクレチンを標的とした創薬を目指します。

 

平成28年度業績

原著論文(英語)

著者 タイトル 掲載誌名
掲載号等・掲載年
Kuwata, Hitoshi; Iwasaki, Masahiro; Shimizu, Shinobu; Minami, Kohtaro; Maeda, Haruyo; Seino, Susumu; Nakada, Koji; Nosaka, Chihiro; Murotani, Kenta; Kurose, Takeshi; Meal sequence and glucose excursion, gastric emptying and incretin secretion in type 2 diabetes: a randomised, controlled crossover, exploratory trial Diabetologia
59,3 453-461 2016

学会(海外)

会名称 発表テーマ 発表者
日時 場所
11thIDF-WPR congress 2016 & 8th AASD Scientific Meeting 口演 Effects of SGLT2 inhibitor luseogliflozin under different dietary formula in type 2 diabetes: A randomiszed, controlled exploratory trial Hitoshi Kuwata
2016年10月27-30日 Taipei
11thIDF-WPR congress 2016 & 8th AASD Scientific Meeting ポスター Comparison of short-and long-acting glucagon-like peptide 1 receptor agonists on postprandial glucose excursion, insulin and glucagon secretions and gastric emptying. Hitoshi KUWATA, Daisuke YABE, Takeru NAGATA, Sodai KUBOTA, Saki OKAMOTO, Shinji UENO,Yui SAKURAMACHI, Koin WATANABE, Takanori HYO, Nagaaki TANAKA, Yoshiyuki HAMAMOTO,Takeshi KUROSE, Yutaka SEINO
2016年10月27-30日 Taipei
11thIDF-WPR congress 2016 & 8th AASD Scientific Meeting ポスター Long-term glucose lowering effects of sitagliptin monotherapy and dietary contents in Japaneseindividuals with type 2 diabetes Saki OKAMOTO, Hitoshi KUWATA, Daisuke YABE, Yoshiyuki HAMAMOTO, Takeshi KUROSE,Yutaka SEINO
2016年10月27-30日 Taipei

 

学会(国内)

会名称 発表テーマ 発表者
日時 場所
第59回日本糖尿病学会年次学術集会 口演 GLP 1受容体作動薬の胃排泄能およびインスリン分泌に対する効果の違い 桑田仁司、矢部大介、清水忍、上野慎士、岡本紗希、桜町惟、渡邊好胤、表孝徳、田中永昭、浜本芳之、黒瀬健、清野裕
2016年5月19日-21日 京都
第59回日本糖尿病学会年次学術集会 口演 DPP 4阻害薬使用時の血糖降下作用に影響する食事内容の検討 岡本紗希、桑田仁司、上野慎士、櫻町惟、渡邊好胤、表孝徳、田中永昭、浜本芳之、矢部大介、黒瀬健、清野裕
2016年5月19日-21日 京都
炭水化物摂取量の多寡がSGLT2 阻害薬の効果・安全性に与える影響―日本人2 型糖尿病における検討 原口 卓也、矢部 大介、桑田 仁司、浜本 芳之、黒瀬  健、清野  裕
2017年1月13-15日 京都
第20回日本病態栄養学会年次学術集会 口演 食後血糖変動を抑制する食べる順番 桑田 仁司、矢部 大介、清野  裕
2017年1月13-15日 京都
第20回日本病態栄養学会年次学術集会 口演 栄養サポートチームが積極的に介入することで救肢し得たガス産生性蜂窩織炎の一例 岡本 紗希、表  孝徳、浜本 芳之、上野 慎士、櫻町  惟、岡村 香織、桑田 仁司、渡邊 好胤、田中 永昭、黒瀬  健、清野  裕
2017年1月13-15日 京都
第16回 日本糖尿病情報学会 シンポジウム 食事順番に介入する継続可能な食事療法 桑田 仁司、矢部 大介、清野  裕
2016年9月3日 三重

 

メンバー

部長 桑田 仁司
副部長
研究員 田中 永昭
研究員 山口 拓郎
研究員 清水 忍
研究員 江藤 博昭
研究員 松木 良介
研究員 遠藤 隆之
研究員 坂口 真由香
研究員 藤原 周一
研究員 桜町 惟
研究員 上野 慎士
研究員 岡本 紗希
研究員 平沢 良和
研究員 真壁 昇
研究員 森口 由香
客員研究員