心臓・血管(循環器)研究部

部長     石井 克尚
Director   Katsuhisa Ishii, MD, PhD

関西電力医学研究所 心臓・血管(循環器)研究部 部長
関西電力病院 循環器内科 部長
関西電力病院 臨床検査部 部長

研究テーマ

新しい2次元スペックル・トラッキング心エコー法を用いた急性期胸痛患者に対するトリアージの有用性を検討する前向き試験

<研究の経緯・目的>
急性冠症候群に対しては特にハイリスク群において早期の冠動脈造影・血行再建が予後改善に有効であることが報告されている1),2),3)。リスク予測因子としてはTIMIリスクスコアやGRACEスコアの中で、心電図変化や心筋逸脱酵素、症状などがあげられる1),2),3),4)。しかし急性冠症候群は様々な臨床症状を呈することがあり、時として血液検査や心電図 など客観的な異常が急性期には捕えられないことがある。また心電図や心筋逸脱酵素は偽陽性となることも日常よく経験する。そのため急性冠症候群ではなくただの胸痛症候群に対しても、侵襲的な検査や入院による経過観察がなされたりすることが多々あるのが現状といえる。現在の日常臨床においては一定の確率で急性冠症候群に対する偽陽性・偽陰性が発生するのは不可避であり、さらなる非侵襲的で迅速・簡便な診断ツールの確立が望まれている。近年急性冠症候群の急性期診断に対してBMIPP心筋シンチグラフィーや冠動脈CTの有用性が報告されている5),6)。これらの検査は侵襲度としては高くはないと考えられるが放射線被ばくやヨード造影剤の使用といった点において無侵襲というわけではない。
石井らは、2次元スペックルトラッキング心エコー図法による狭心症発作後の局所心筋拡張運動遅延(diastolic stunning)により心筋虚血を診断でき、またその異常は虚血解除後24時間後でも残存すると報告している7),8)。つまりこれは受診時、他覚所見に乏しい胸痛症例においても、真のACSの場合、胸痛消失後24時間以内であれば2次元スペックル・トラッキング心エコー図法による解析から虚血を検出でき、早期診断に有用であると考えられる。またこれは無侵襲かつ簡便であり、先に示した従来の検査法に比しても有用性が高い。そこで我々は他覚所見に乏しいACS群疑いの症例に対する2次元スペックル・トラッキング心エコー図法の有用性を検討する試験をデザインした。

最近の代表的な論文

著者 論文題目
K Ishii, E Hyodo, Y Seo, T Ishizu, E Tada, H Kihara, M Daimon, A Tanaka, T Akasaka, H Watanabe, H Ito, J Yoshikawa Diagnostic accuracy of left ventricular diastolic strain imaging by speckle tracking echocardiography in detecting ischemic etiology of acute chest pain

 

2019年度業績

原著論文(英語/日本語)

著者 タイトル 掲載誌名
掲載号等・掲載年
K Ishii, E Hyodo, Y Seo, T Ishizu, E Tada, H Kihara, M Daimon, A Tanaka, T Akasaka, H Watanabe, H Ito, J Yoshikawa  Diagnostic accuracy of left ventricular diastolic strain imaging by speckle tracking echocardiography in detecting ischemic etiology of acute chest pain  European Heart Journal – Cardiovascular Imaging
Volume 21, Issue Supplement_1, January 2020, jez319.687
Yasuaki Takeji, Tomohiko Taniguchi, Takeshi Morimoto, Naritatsu Saito,  Katsuhsia Ishii, Takeshi Kimura, et al  Transcatheter Aortic Valve Implantation vs. Surgical Aortic  Valve Replacement for Severe Aortic Stenosis in  Real-World Clinical Practice Circulation Journal
2020 Apr 24;84(5):806-814. 
Akihiro Kushiyama,Tomohiko Taniguchi, Takeshi Morimoto, Katsuhisa Ishii, Takeshi Kimura et al. Age-Related Differences in the Effects of  Initial Aortic Valve Replacement vs. Conservative  Strategy on Long-Term Outcomes in Asymptomatic  Patients With Severe Aortic Stenosis Circulation Journal
 2020; 84: 252 – 261
Yusuke Yoshikawa; Yugo Yamashita; Takeshi Morimoto; Hiroshi Mabuchi; Hidewo Amano; Toru Takase, Katsuhisa Ishii,  Takeshi Kimura et al.  Effect of Statins on Recurrent Venous Thromboembolism (From the COMMAND VTE Registry)  Am J Cardiol
2020;125:189-197
Maki Oi Yugo Yamashita, Mamoru Toyofuku, Takeshi Morimoto, Katsuhisa Ishii, Takeshi Kimura, et al.  D-dimer Levels at Diagnosis and Long-term Clinical Outcomes in Venous Thromboembolism: From the COMMAND VTE Registry  Journal of Thrombosis and Thrombolysis
2020 May;49(4):551-561
Yugo Yamashita, Takeshi Morimoto, , Hidewo Amano, , Toru Takase, Katsuhisa Ishii, Takeshi Kimura , et al. Utility of simplified PESI score for identification of low-risk pulmonary embolism patients with active cancer: From the COMMAND VTE Registry Chest
March 2020 Volume 157, Issue 3, Pages 636–644 
Jiro Sakamoto,  Yugo Yamashita,Takeshi Morimoto,  Hidewo Amano ,Katsuhsia Ishii, Takeshi Kimura, et al Cancer-Associated Venous Thromboembolism in the Real World: From the COMMAND VTE Registry Circulation Journal
 2019 Oct 25;83(11):2271-2281.

 

総説(日本語)

著者 タイトル 掲載誌名
掲載号等・掲載年
石井克尚 心エコーで迫る!HFpEFの病態と治療方針:ストレインでHFpEFを評価する 心エコー  
2020年2月号(21巻2号)

 

学会(海外)招待講演、シンポジウムのみ記載

会名称 発表テーマ 発表者
日時 場所
KSE 2019韓国心エコー図学会 [The 45th Annual Scientific Meeting of the Korean Society of Echocardiography] Diagnosis and Application of Post-Ischemic LV Regional Abnormalities or Diastolic Stunning by Strain Imaging Katsuhisa Ishii
2019/11/23-24 韓国

 

学会(国内)招待講演、シンポジウムのみ記載

会名称 発表テーマ 発表者
日時 場所
第34回日本糖尿病合併症学会 教育講演:「糖尿病性動脈硬化疾患の診断・治療」 石井克尚
 2019/9/27~28 大阪国際会議場

 

メンバー

部長 石井 克尚
上級特別研究員 浅田 聡
上級特別研究員 宇佐美 俊輔
研究員 佐藤 洋