心臓・血管(循環器)研究部

部長     石井 克尚
Director   Katsuhisa Ishii, MD, PhD

関西電力医学研究所 心臓・血管(循環器)研究部 部長
関西電力病院 循環器内科 部長
関西電力病院 臨床検査部 部長

 

研究テーマ

新しい2次元スペックル・トラッキング心エコー法を用いた急性期胸痛患者に対するトリアージの有用性を検討する前向き試験

<研究の経緯・目的>
急性冠症候群に対しては特にハイリスク群において早期の冠動脈造影・血行再建が予後改善に有効であることが報告されている1),2),3)。リスク予測因子としてはTIMIリスクスコアやGRACEスコアの中で、心電図変化や心筋逸脱酵素、症状などがあげられる1),2),3),4)。しかし急性冠症候群は様々な臨床症状を呈することがあり、時として血液検査や心電図 など客観的な異常が急性期には捕えられないことがある。また心電図や心筋逸脱酵素は偽陽性となることも日常よく経験する。そのため急性冠症候群ではなくただの胸痛症候群に対しても、侵襲的な検査や入院による経過観察がなされたりすることが多々あるのが現状といえる。現在の日常臨床においては一定の確率で急性冠症候群に対する偽陽性・偽陰性が発生するのは不可避であり、さらなる非侵襲的で迅速・簡便な診断ツールの確立が望まれている。近年急性冠症候群の急性期診断に対してBMIPP心筋シンチグラフィーや冠動脈CTの有用性が報告されている5),6)。これらの検査は侵襲度としては高くはないと考えられるが放射線被ばくやヨード造影剤の使用といった点において無侵襲というわけではない。
石井らは、2次元スペックルトラッキング心エコー図法による狭心症発作後の局所心筋拡張運動遅延(diastolic stunning)により心筋虚血を診断でき、またその異常は虚血解除後24時間後でも残存すると報告している7),8)。つまりこれは受診時、他覚所見に乏しい胸痛症例においても、真のACSの場合、胸痛消失後24時間以内であれば2次元スペックル・トラッキング心エコー図法による解析から虚血を検出でき、早期診断に有用であると考えられる。またこれは無侵襲かつ簡便であり、先に示した従来の検査法に比しても有用性が高い。そこで我々は他覚所見に乏しいACS群疑いの症例に対する2次元スペックル・トラッキング心エコー図法の有用性を検討する試験をデザインした。

最近の代表的な論文

<成果目標>
American Heart Association, American College of Cardiology, European Society of Cardiology, 日本循環器学会、日本心臓病学会、日本内科学会での発表、ならびに英文原著論文での発表を目指す。

著者 論文題目
Shuo-Atsuko Furukawa, Katsuhisa Ishii, Eiichi Hyodo, Megumi Shibamoto, Akihiro Komasa, Takahiro Nagai, Eiji Tada, Yutaka Seino, Junichi Yoshikawa. “Three-Dimentional Speckle Tracking Imaging for Assessing Left Atrial Function in Hypertensive Patients With Paroxysmal Atrial Fibrillation. ” International Heart Jounal 2016, November Vol.57, No. 6, 705-711
Shuo-Ju Chiang, Masao Daimon, Katsuhisa Ishii, Takayuki Kawata, Sakiko Miyazaki, Kuniaki Hirose, Ryoko Ichikawa, Katsumi Miyauchi, Mei-Hsiu Yeh; Nen-Chung Chang, Hiroyuki Daida. “Assessment of Elevation of and Rapid Change in Left Ventricular Filling Pressure Using a Novel Global Strain Imaging Diastolic Index” Circ J 2014; 78: 419-427
Bei Yang, Masao Daimon, Katsuhisa Ishii, Takayuki Kawata, Sakiko Miyazaki, Kuniaki Hirose, Ryoko Ichikawa, Shuo-Ju Chiang, Hiromasa Suzuki, Katsumi Miyauchi, Hiroyuki Daida. “Prediction of Coronary Artery Stenosis at Rest in Patients With Normal Left Ventricular Wall Motion-Segmental Analyses Using Strain Imaging Diastolic Index” Int Heart J 2013; 54: 266-272
Takahiro Nagai, Katsuhisa Ishii, Akihiro Komasa, Atsuko Furukawa, Eiji Tada, Kazuaki Kataoka, Yutaka Seino. “The Detection of Diastolic Stunning by Two-Dimensional Speckle Tracking Imaging Improves Initial Diagnosis in Emergency Department Patients with Suspected Acute Coronary Syndromes” Circulation. 2012. in press
Atsuko Furukawa, MD, Hiroko Hoshiba, RN, Chizu Miyasaka RN, Hitoshi Sato, RN, Takahiro Nagai, MD, Eiji Tada, MD, Kazuaki Kataoka, MD, Yutaka Seino, MD, Katsuhisa Ishii, MD “Left atrial dyssynchrony in patients with paroxysmal atrial fibrillation – Three-dimensional speckle tracking analysis” European Heart Journal. 2012. in press
Takami T, Ito H, Ishii K, Shimada K, Iwakura K, Watanabe H, Fukuda S, Yoshikawa J. “Adding thiazide to a rennin-angiotensin blocker regimen to improve left ventricular relaxation in diabetes and nondiabetes patients with hypertension”
Drug Des Devel Ther. 2012;6:225-33

メンバー

部長 石井 克尚
副部長
研究員
客員研究員