外科(神経内分泌腫瘍)研究部

部長     河本 泉
Director   Izumi Komoto, MD, PhD

関西電力医学研究所 外科(神経内分泌腫瘍)研究部 部長 
関西電力病院 外科 部長

研究テーマ

膵・消化管神経内分泌腫瘍における悪性度分類の再評価

膵・消化管神経内分泌腫瘍における抗腫瘍薬および手術療法の有効性評価

(背景)

膵・消化管神経内分泌腫瘍(NET)は比較的稀な疾患であり、その悪性度評価方法や治療法は確立しおらず、議論の余地が多く残っている。特に、遠隔転移をきたした場合の治療法では、WHO2010分類でNEC(Ki-67>20%)に分類される腫瘍の悪性度分類の再評価などの問題が挙げられる。

当研究所ならびに関西電力病院では本疾患に対する新しい手術法の開発や、新薬の国内開発や国際共同治験に参加するなど本疾患の診断・治療を主導的・積極的に行っており、全国から多くの患者が受診しており、以下の研究を進行・準備している。

研究および方法

①悪性度分類再評価に関する研究

本研究はすでに国立がんセンター中央病院と愛知県がんセンター中央病院を 中心としたグループおよび京都大学消化器内科を中心としたグループと2つの共同研究を進めている。WHO2010分類でNEC(neuroendocrine carcinoma)に分類される腫瘍を組織分化度および新たに仮説したKi-67 index分類に従い抗腫瘍薬治療の有効性や予後の解析によるNECの再分類を試みる。

②転移を有するNETに対するStreptozocinの有効性の検討

関西電力病院が参加した国内多施設共同第Ⅰ/Ⅱ相試験によって膵・消化管NETに対してアルキル化剤の一種であるStreptozocinが保険承認された。本薬剤は海外では約30年前から使用され標準的抗腫瘍薬の一つとして用いられてはいるもののその有効性に対する評価は十分になされていない。

国内多施設共同第Ⅰ/Ⅱ相試験の結果を分析するとともに、今後症例集積を行いStreptozocinの有効性の評価を行う。

一方で2011年以降、膵NETに2種類の分子標的薬(Everolims, Snitinib)と消化管NETに対してソマトスタチンアナログ製剤が保険適用となり使用されている。

Ki-67indexによる悪性度分類を行い、悪性度のより高いNETに対しては分子標的薬やソマトスタチンアナログと比較して殺細胞系抗腫瘍薬(Streptozocin)の有効性(無増悪生存期間・全生存期間の延長効果)が高いという仮定の下、Ki-67 indexに基づいた抗腫瘍薬の使い分けについて検討を行う。

③分子腫瘍マーカーに関する研究

腫瘍の予後や治療反応性を予測する因子として分子腫瘍マーカーの研究が進んでいる。膠芽腫ではTemozolomideの効果予測にMGMTのメチル化が有効であるとの報告がなされている。一方、膠芽腫に対するStreptozocinの有効性予測にもMGMTが有効であるとの報告がなされている。Temozolomide, Streptozocinとも膵・消化管NETに対して用いられており、MGMTがNETにおいても分子腫瘍マーカーとして有効である可能性がある。Streptozocin治療症例における有効性とMGMTをはじめとした分子腫瘍マーカーの検討を行う。

④膵・消化管ENTの肝転移巣に対する手術療法の有用性検討

膵・消化管NETは高率に多発肝転移をきたし、診断時にすでに根治的切除が行えない症例が多い。一方、転移巣に対して90%以上の減量手術が可能であれば予後延長効果が得られるとの報告がある。昨年末より日本神経内分泌腫瘍研究会(JNETS)による膵・消化管・肺・胸腺NETの悉皆登録が開始された。単一施設のデータでは症例数が限られているが、JENTSの悉皆登録のデータを用いることでより多くの症例の集積が可能である。この悉皆登録のデータに基づき膵・消化管NETの肝転移に対する手術の有用性について検討を行う。

 

平成28年度業績

原著論文(日本語)

著者 タイトル 掲載誌名
掲載号等・掲載年
河本 泉、今村 正之 ガイドラインからみたガストリノーマの診断と治療 日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
33(2):97-100・2016
河本 泉、細田洋平、今村 正之、河合潤 胃・十二指腸NETの外科治療と予後 消化器内視鏡
28(11)1766-1783・2016
河本 泉、細田洋平、今村 正之 膵神経内分泌腫瘍の診断と局所診断 月刊Mebio
34(3)52-29・2016
河本 泉、今村 正之 機能性膵神経内分泌腫瘍における機能的診断 ガストリノーマ 胆と膵
37(10):865-869・2016

 

学会(国内)

会名称 発表テーマ 発表者
日時 場所
第89日本回内分泌学会 私たちの膵・消化管神経内分泌腫瘍に対する治療方針と予後
2016年4月23日 京都市
第4回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 多発NET症例に対する外科治療の考え方
2016年9月24日 東京都
第28回内分泌外科学会 膵神経内分泌腫瘍の術式選択と集学的治療
2016年4月27日 京都市

 

平成27年度までの代表的な論文

著者 論文題目
Ito T, Igarashi H, Nakamura K, Sasano H, Okusaka T, Takano T, Komoto I, Tanaka M, Imamura M Takayanagi R, Shimatsu A “Epidemiological trends of pancreatic and gastrointestinal neuroendocrine tumors in Japan: a nationwide survey analysis Jensen RT” J Gastroenterol  2014 Feb 6. [Epub ahead of print]
Sakurai A, Yamazaki M, Suzuki S, Fukushima T, Imai T, Kikumori T, Okamoto T, Horiuchi K, Uchino S, Kosugi S, Yamada M, Komoto I, Hanazaki K, Itoh M, Kondo T, Mihara M, Imamura M Clinical features of insulinoma in patients with multiple endocrine neoplasia type 1: analysis of the database of the MEN Consortium of Japan” Endocrine Journal 59 (10):859-866, 2012
Sakurai A, Suzuki S, Kosugi S, Okamoto T, Uchino S, Miya A, Imai T, Kaji H, Komoto I, Miura D, Yamada M, Uruno T, Horiuchi K, Miyauchi A, Imamura M “Multiple endocrine neoplasia type 1 in Japan: establishment and analysis of a multicentre database” Clinical Endocrinology 76:533–539, 2012
Imamura M, Komoto I, Ota S, Hiratsuka T, Kosugi S, Doi R, Awane M, Inoue N “Biochemically curative surgery for gastrinoma in multiple endocrine neoplasia type 1 patients.” World J Gastroenterology 17(10):1343-1353, 2011
Ito T, Sasano S, Tanaka M, Osamura RY, Sasaki I, Kimura K, Takano K, Obara T, Ishibashi M, Nakao K, Doi R, Shimatsu A, Nishida T, Komoto I, Hirata Y, Nakamura K, Igarashi H, Jensen RT, Wiedenmann B, Imamura M.  “Epidemiological study of gastroenteropancreatic neuroendocrine tumor in Japan.” J Gastroenterol 45:234-243, 2010

メンバー

部長 河本 泉
副部長
研究員
客員研究員