運動器整形外科研究部

部長     太田 壮一
Director   Souichi Ohta, MD, PhD

関西電力医学研究所 運動器整形外科研究部 部長
関西電力病院 脊椎外科・手外科・整形外科 部長

研究部概要

運動器整形外科では、骨関節、脊椎・末梢神経に関する臨床研究を行っています。

現在、難治性の骨関節疾患に対する新規治療方法、脊髄末梢神経障害による麻痺の早期診断方法の確立に向けて研究しています。

研究テーマ

① 四肢の骨折変形治癒に対する、3DCTを用いた術前計画、ナビゲーションシステムを用いた矯正骨切り術

3DCTを用いて骨関節の変形を立体的に把握し、3次元的に変形矯正の手術計画を作成する。さらに、ナビゲーションシステムを用いて、正確に術前計画通りに骨切りを行う方法を四肢の領域で確立する。

② 舟状骨偽関節に対する経皮的偽関節手術

独自に開発した最小侵襲手術手技で、その適応、手術手技を確立する。

③ 手根管症候群の母指球筋麻痺に対する簡便な早期診断法

筋萎縮が生じた時点では手遅れとなりがちな母指球筋の麻痺を、母指小指間の対立位で早期に診断する方法を確立する。

最近の代表的な論文

著者 論文題目
太田壮一、池口良輔、野口貴志、貝澤幸俊、松田秀一. 鏡視下手根管開放術(2ポータル法)のコツ.別冊整形外科.2020; 77: 145-150.
Ohta S, Ikeguchi R, Yurie H, Takeuchi H, Mitsuzawa S, Matsuda S. Keyhole resection of intra-articular osteoid osteoma in the ulnar trochlear notch using 3-dimensional computed tomography-based navigation. J Shoulder Elbow Surg.2019; 28(2):e57-e61.
Ohta S, Ikeguchi R, Noguchi T, Kaizawa Y, Oda H, Yurie H, Matsuda S. Percutaneous Fixation for Scaphoid Nonunion with Bone Grafting Through the Distal Insertion Hole of a Fully Threaded Headless Screw. J Hand Surg Asian Pac Vol. 2016; 21(3):357-63.
Oda H, Ohta S, Ikeguchi R, Noguchi T, Kaizawa Y, Yurie H, Takeuchi H, Mistuzawa S, Matsuda S. Pretreatment of nerve grafts with resveratrol improves axonal regeneration following replantation surgery for nerve root avulsion injury in rats. Restor Neurol Neurosci. 2018; 36(5):647-658.
Kaizawa Y, Kakinoki R, Ikeguchi R, Ohta S, Noguchi T, Oda H, Matsuda S. Bridging a 30 mm defect in the canine ulnar nerve using vessel-containing conduits with implantation of bone marrow stromal cells.
Microsurgery. 2016; 36(4): 316-24

2020年度業績

原著論文(英語/日本語)

著者 タイトル 掲載誌名
掲載号等・掲載年
Sotelo Leon D, Williams T, Wang Z, Leyden J, Franklin A, Kaizawa Y, Chang J, Fox PM. Analysis of Cell-seeded, Collagen-rich Hydrogel for Wound Healing. Plast Reconstr Surg Glob Open.
2020; 18;8(8):e3049.
Franklin A, Min J, Oda H, Kaizawa Y, Leyden J, Wang Z, Chang J, Fox P. Homing of adipose-derived stem cells to a tendon-derived hydrogel: A potential mechanism for improved tendon-bone interface and tendon healing. J Hand Surg Am.
2020; 45(12):1180.e1-1180.e12.
Williams T, Sotelo Leon D, Kaizawa Y, Wang Z, Leyden J, Chang J, Fox PM. A Human-Derived, Collagen-Rich Hydrogel Augments Wound Healing in a Diabetic Animal Model. Ann Plast Surg.
2020; 85(3):290-294.
Oda H, Kaizawa Y, Beker L, Leyden J, Wang Z, Chang J, Fox P, Bao Z. A Novel Technology for Free Flap Monitoring: Pilot Study of a Wireless, Biodegradable Sensor. J Reconstr Microsurg.
2020; 36(3):182-190
Takeuchi H, Ikeguchi R, Aoyama T, Oda H, Yurie H, Mitsuzawa S, Tanaka M, Ohta S, Akieda S, Miyazaki Y, Nakayama K, Matsuda S. A scaffold-free Bio 3D nerve conduit for repair of a 10-mm peripheral nerve defect in the rats. Microsurgery.
2020; 40(2):207-216.
Umatani N, Arai R, Kuriyama S, Matsuda S. Anatomical limitations of biceps tenodesis using an interference screw for Asian people: a cadaveric study. J shoulder Elbow Surg Int.
2020; 4(3):422-426.

 

総説(日本語)

著者 タイトル 掲載誌名
掲載号等・掲載年
太田壮一、池口良輔、野口貴志、貝澤幸俊、松田秀一. 鏡視下手根管開放術(2ポータル法)のコツ. 別冊整形外科.
2020; 77: 145-150.

 

メンバー

部長 太田 壮一
上級特別研究員 井関 雅紀
研究員 澁谷 秀幸
研究員 貝澤 幸俊
研究員 馬谷 直樹