臨床神経研究部

部長     濱野 利明
Director   Toshiaki Hamano, MD, PhD

関西電力医学研究所 臨床神経研究部 部長
関西電力病院 脳神経内科 部長

研究テーマ

①特発性レム睡眠行動異常症患者における迷走神経超音波を用いた迷走神経サイズの検討

(睡眠医学研究部との共同研究)

レム睡眠行動異常症(rapid eye movement sleep behavior disorder;
RBD)は、REM睡眠中の夢内容と一致した寝言・四肢の動きや行動を主たる症状とする睡眠随伴症であり、中高齢者において有病率の高い睡眠関連疾患である。その中で基礎疾患のないものは特発性RBD (idiopathic RBD;
iRBD)として分類されている。診断確定には、常時監視終夜睡眠ポリグラフ検査 (polysomnography; PSG) が必要であり、PSGにて筋緊張低下を伴わないレム睡眠 (REM sleep without atonia; RWA)
の出現を認めることで診断される。近年、iRBDの多くが数年の経過でパーキンソン病やレビー小体型認知症を始めとしたレビー小体病に進行することがわかっている。レビー小体病では早期から末梢神経系・迷走神経背側核にαシヌクレイン凝集体が蓄積し、それを反映して、パーキンソン病では早期より迷走神経の萎縮が認められる。今回、我々は“iRBD患者においても迷走神経が萎縮している”という仮説をたて、迷走神経超音波を用いてそれを検証する。対照群として、時に“睡眠時の異常行動”で来院することもある、閉塞性睡眠時無呼吸(obstructive
sleep apnea; OSA)患者を用い、iRBD群、iRBDとOSA合併群、OSA群において、迷走神経サイズを超音波で計測し、その鑑別能についても検証する予定である。

最近の代表的な論文

著者 論文題目
Koji Tsuzaki, Kentaro Tatsuno, Manabu Inoue, Naoko Tachibana, Toshiaki Hamano Acute complete bilateral ophthalmoplegia and ptosis without ataxia or areflexia associated with serum
anti-GQ1b antibody.
Manabu Inoue, Masayoshi Yamamoto, Koji Tsuzaki, Toshiaki Hamano, Hiroaki Etoh, Hiroshi Shibasaki Large fasciculation can clinically manifest as spinal myoclonus; electromyographic and dynamic
echomyographic studies of four cases with motor neuron disease.
Manabu Inoue, Yasuhiro Kojima, Masutaro Kanda, Koji Tsuzaki, Yoko Shibata, Toshiaki Hamano, Hiroshi
Shibasaki
A case of bulbospinal muscular atrophy with large fasciculation manifesting as spinal myoclonus.
Koji Tsuzaki, Takashi Nakamura, Hiroyuki Okumura, Naoko Tachibana, Toshiaki Hamano Rheumatoid meningitis occurring during etanercept treatment.
Makio Takahashi, Hayato Tabu, Akihiko Ozaki, Toshiaki Hamano and Takao Takeshima Antidepressants for Depression, Apathy, and Gait Instability in Parkinson’s Disease: A Multicenter
Randomized Study
Koji Tsuzaki, Hitoshi Someda, Manabu Inoue, Naoko Tachibana and Toshiaki Hamano Remission of CIDP after hepatitis C virus eradication with sofosbuvir and ledipasvir therapy.
Shinich Wada, Yuma Kamei, Naoko Uehara, Koji Tsuzaki K, Toshiaki Hamano Paraneoplastic Cerebellar Degeneration and Lambert-Eaton Myasthenic Syndrome with SOX-1 Antibodies.
Koji Tsuzaki, Kenji Murakata, Mayu Kamei, Akihiro Kikuya, Yuwa Oka, Toshiaki Hamano A Case of Invasive Aspergillus Rhinosinusitis Presenting with Unilateral Visual Loss and Subsequently Associated with Meningitis, Subarachnoid Hemorrhage, and Cerebral Infarction.
Yuwa Oka, Kazuto Tsukita, Koji Tsuzaki, Naoko Takamatsu, Toshiaki Hamano Sonographic Multifocal Cranial Nerve Enlargement in Multifocal Acquired Demyelinating Sensory and Motor Neuropathy
Yuwa Oka, Koji Tsuzaki, Mayu Kamei, Akihiro Kikuya, Toshiaki Hamano Postoperative cerebral air embolism with delayed abnormal brain MRI findings.

 

2021年度業績

原著論文(英語/日本語)

著者 タイトル 掲載誌名
掲載号等・掲載年
Keisuke Kido, Shinichi Wada, Yuwa Oka, Yuta Teraada, Manabu Inoue, Toshiaki Hamano Multifocal motor neuropathy with visual impairment: a case report. Clinical Neurophysiology Practic
6 (2021) 191–193

 

メンバー

部長 濱野 利明
研究員 津崎 光司
研究員 上原 尚子
研究員 岡 佑和