統合生理学研究センター 統合生理学研究部

部長     矢田 俊彦
Director   Toshihiko Yada, PhD

関西電力医学研究所 統合生理学研究センター センター長
関西電力医学研究所 統合生理学研究部 部長
岐阜大学大学院医学系研究科 糖尿病・内分泌代謝内科学 客員臨床系医学教授
神戸大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌内科学 客員教授
自治医科大学 名誉教授・客員教授
鹿児島大学 客員教授

研究部概要

統合生理学研究部では、摂食、糖代謝、エネルギー代謝の調節機構を、末梢(食事、胃腸膵肝)—中枢連関の視点に立ち、特に求心性迷走神経と脳の役割から解明することを目指しています。
さらに、この視点から、糖尿病、肥満、フレイルの成因を明らかにし、現在の治療の学術基盤の提出、新規治療の開発を目指しています。

研究テーマ

① 摂食・中枢性糖代謝調節機構の解明

求心性迷走神経による、末梢情報(食事、胃腸膵肝)の受容と脳(摂食・代謝中枢)への伝達機構の解明をめざします。
特に、インクレチン、インスリン、グルコース、グレリン、食品成分に注目して研究を進めています。

② 希少糖アルロースによる摂食・糖代謝調節と糖尿病・肥満・過食の改善

希少糖のD-Allulose(アルロース、プシコース)はゼロカロリー甘味糖であり、経口投与により、食事性や遺伝性のメタボ動物の肥満・糖尿病・摂食リズム障害を改善します。
その作用にはGLP-1と求心性迷走神経を介する経路、および、視床下部への直接作用が関与しており、さらなるメカニズムの解明と代謝疾患改善への応用をめざします。

摂食リズム障害の改善、肥満・糖尿病の改善

図1。希少糖D-Allulose(アルロース)経口投与による摂食抑制、耐糖能向上と、メタボ動物への長期投与による肥満・糖尿

病・摂食リズム障害の改善

③ インクレチンの多様な作用とメカニズム

インクレチン関連薬の臨床成績から、GLP-1、GIPの多様な作用、新規作用が示唆されています。
それらの作用メカニズムを解析し、本研究所の臨床部門とも連携して新規作用と治療効果を明らかにします。

④ 食欲不振・フレイルの改善

高齢者のサルコペニア、フレイル(心身機能の低下)は大きな医学的・社会的問題になっています。これらの上流に食欲不振があります。
漢方薬の人参養栄湯や食品成分による食欲不振・フレイルの改善の基礎〜臨床展開研究を行います。

最近の代表的な論文

著者 論文題目
Iwasaki Y, Yada T, Sendo M, Dezaki K, et al. GLP-1 release and vagal afferent activation mediate the beneficial metabolic and chronotherapeutic
effects of D-allulose.  Nature Communications.
Teratani T, Yada T, Iwasaki Y, Kanai T, et al. The liver-brain-gut neural arc maintains the Treg cell niche in the gut. Nature.
Goswami C, Dezaki K, Wang L, Inui A, Seino Y, Yada T. Ninjin-yoeito activates ghrelin-responsive and unresponsive NPY neurons in the arcuate nucleus and counteracts cisplatin-induced Anorexia. Neuropeptides.

 

2021年度業績

原著論文(英語/日本語)

著者 タイトル 掲載誌名
掲載号等・掲載年
Dezaki K, Yada T. Status of ghrelin as an islet hormone and paracrine/autocrine regulator of insulin secretion Peptides
Peptides. 2022 Feb;148:170681. doi: 10.1016/j.peptides.2021.170681. Epub 2021 Oct 30.
Nakata M, Kumari P, Kita R, Katsui N, Takeuchi Y, Kawaguchi T, Yamazaki T, Zhang B, Shimba S, Yada T. Circadian Clock Component BMAL1 in the Paraventricular Nucleus Regulates Glucose Metabolism Nutrients
Nutrients. 2021 Dec 15;13(12):4487. doi: 10.3390/nu13124487.
Ohbayashi K, Oyama Y, Yamaguchi C, Asano T, Yada T, Iwasaki Y. Gastrointestinal Distension by Pectin-Containing Carbonated Solution Suppresses Food Intake and Enhances Glucose Tolerance via GLP-1 Secretion and Vagal Afferent Activation Front Endocrinol (Lausanne)
Front Endocrinol (Lausanne). 2021 Jun 8;12:676869. doi: 10.3389/fendo.2021.676869. eCollection 2021.
Yoshimoto T, Okazaki S, Sumiya M, Takahashi HK, Nakagawa E, Koike T, Kitada R, Okamoto S, Nakata M, Yada T, Kosaka H, Sadato N, Chikazoe J. Coexistence of sensory qualities and value representations in human orbitofrontal cortex Neurosci Res
Neurosci Res. 2022 Feb 23:S0168-0102(22)00067-0. doi: 10.1016/j.neures.2022.02.004. Online ahead of print.
Yermek R, Wang L, Kaneko K, W, Seino Y, Yabe D, Yada T. D-Allulose cooperates with glucagon-like peptide-1 and activates proopiomelanocortin neurons in the arcuate nucleus and central injection inhibits feeding in mice Biochem Biophys Res Commun
Biochem Biophys Res Commun. 2022 613 159e165
Wang L, Han W, Iwasaki Y, Yermek R, Sharp GW, Seino Y, Yada T. Onion component, isoalliin, stimulates feeding and activates the arcuate nucleus neuropeptide Y, ghrelin- and Ninjin’yoeito-responsive neurons Neuropeptides
Neuropeptides. 2021 October 89:102180. doi: 10.1016/j.npep.2021.102180. Epub 2021 Jul 10.

 

学会(国内)招待講演、シンポジウムのみ記載

会名称 発表テーマ 発表者
日程 場所
第64回日本糖尿病学会年次学術集会 内因性 GLP-1 分泌促進による迷走神経 を介したインスリン感受性亢進による高血糖改善 矢田俊彦
2021.5.20-22 オンライン
第16回GPCR研究会 NPYによる視床下部オキシトシン神経の興奮性シナプスの抑制と絶食後過食の仲介 王磊
2021.11.19-20 オンライン
第42回日本肥満学会・第39回日本肥満症治療学会学術集会 腸GLP-1の求心性迷走神経を介した高血糖改善作用 矢田俊彦
2022.3.26-27 横浜市
第42回日本肥満学会・第39回日本肥満症治療学会学術集会 求心性迷走神経によるバソプレシンの受容と摂食抑制作用への連関 矢田俊彦
2022.3.26-27 横浜市
第42回日本肥満学会・第39回日本肥満症治療学会学術集会 Isoalliin はグレリンとの協働作用によりNPY神経を活性化し活動期摂食を亢進する 王磊
2022.3.26-27 横浜市
第42回日本肥満学会・第39回日本肥満症治療学会学術集会 GIP alone and in synergy with GLP-1 reduces feeding and body 韓婉昕
2022.3.26-27 横浜市

 

受賞

団体名 表彰名 受賞者
第42回日本肥満学会・第39回日本肥満症治療学会学術集会 JASSO 功労賞 矢田俊彦

 

メンバー

部長 矢田 俊彦
研究員 王 磊
研究員 韓 婉昕
客員研究員 Yermek Rakhat