糖尿病研究センター 先端糖尿病研究部

部長     桑田 仁司
Director   Hitoshi Kuwata, MD, PhD

関西電力医学研究所 先端糖尿病研究部 部長
関西電力病院 糖尿病・内分泌代謝センター 医長

研究部概要

先端糖尿病研究部は、糖尿病ならびに関連する代謝疾患の病態理解ならびに新規治療法につながるシーズの同定を目的として、メタボロミクスやプロテオミクスなどオミックス技術を従来からの生理学や細胞生物学に応用した基礎研究を協力に推進します。特に、膵β細胞研究に特化した先端的な基礎研究を企画・推進するほか、新たな診断法や治療法に転換する橋渡し研究を目指します。また、研究活動を通じて、博士研究者や大学院生、大学生を教育すると共に、膵β細胞研究を専門とする国内外の大学・研究機関と連携すると共に当該分野以外の研究機関や研究者と学際的な連携をはかることで、研究を推進していきます。

研究テーマ

①糖尿病や老化における膵β細胞内の代謝及びシグナル分子の網羅的解析による膵β細胞の機能や量を制御する代謝経路、シグナル経路の同定と解析

激増する糖尿病の大半を占める2型糖尿病の発症には、膵β細胞からのインスリン分泌障害と標的臓器におけるインスリン抵抗性が重要な役割を担います。日本人を含む東アジア人の2型糖尿病では、インスリン分泌能、特にブドウ糖や食事負荷後早期のインスリン分泌の障害の程度が、他民族と比較して大きいことから、過食や運動不足によりインスリン抵抗性が軽度増大するだけでも糖尿病発症にいたることが知られます。従って、日本人を含む東アジア人の糖尿病の予防や治療の新たな方法論を議論する上で、膵β細胞の機能や量を制御する分子メカニズムの解明は最重要課題とされます。

また、超高齢社会を迎えるわが国では高齢糖尿病患者の増加が予測される中、加齢に伴う膵β細胞の機能低下、細胞数減少が大きな問題とされています。しかるに、加齢が膵β細胞に及ぼすこれら影響の背景にある分子機構の全容は明らかでなく研究が急務です。本研究部では、糖尿病や老化における膵β細胞内の代謝及びシグナル分子を網羅的に解析することで、膵β細胞の機能や量を制御する代謝経路、シグナル経路の同定を試みます。また、従来からの実験系に加え、膵β細胞シミュレーションや分子イメージングを含めた様々な実験系を活用して新規治療法につながるシーズの解析を行っていきます。

②インクレチンを分泌制御機能に関する研究

栄養素によるインクレチン分泌制御機能の分子メカニズムは依然大部分が不明です。当研究部では、栄養素による刺激の順番がインクレチン分泌に大きく影響することを予備的に見出していますが、メタボロミクスやプロテオミクス、トランスクリプト―ムなどのオミックス技術を駆使することで、栄養素によるインクレチン分泌制御機構を分子レベルで明らかにし、インクレチン分泌を促進する創薬標的の同定を目指します。本研究成果は、インクレチン分泌促進を基軸に生活習慣病の発症予防や重症化抑制につながる治療法の開発に貢献することが期待されます。また、個別の栄養素に対するインクレチン分泌応答に必須の分子や代謝経路が報告されてきましたが、これら知見に基づき、数理的シミュレーションを行うことで、個別の栄養素に対するインクレチン分泌応答を検証すると共に、食事に含まれる様々な栄養素の集合体に対するインクレチン分泌応答を検討し、栄養素に対するインクレチン分泌応答機構の全容理解さらには、インクレチンを標的とした創薬を目指します。

 

最近の代表的な論文

著者 タイトル
H Kuwata,M Iwasaki,S Shimizu,K Minami,H Maeda,S Seino,K Nakada,C Nosaka,K Murotani,T Kurose,Y Seino and D Yabe Meal sequence and glucose excursion, gastric emptying and incretin secretion in type 2 diabetes: a randomised, controlled crossover, exploratory trial

 

2020年度業績

原著論文(英語/日本語)

著者 タイトル 掲載誌名
掲載号等・掲載年
Yamada Y, Katagiri H, Hamamoto Y, Deenadayalan S, Navarria A, Nishijima K, Seino Y; PIONEER 9 investigators. Dose-response, efficacy, and safety of oral semaglutide monotherapy in Japanese patients with type 2 diabetes (PIONEER 9): a 52-week, phase 2/3a, randomised, controlled trial Lancet Diabetes Endocrinol
2020 May;8(5):377-391.
Yabe D, Nakamura J, Kaneto H, Deenadayalan S, Navarria A, Gislum M, Inagaki N, for the PIONEER 10 Investigators. Safety and efficacy of oral semaglutide versus dulaglutide in Japanese patients with type 2 diabetes (PIONEER 10): a multicentre, open-label, randomised, phase 3a trial. Lancet Diabetes Endocrinol
2020 May;8(5):392-406
Chan JCN, Lim LL, Wareham NJ, Shaw JE, Orchard TJ, Zhang P, Lau ESH, Eliasson B, Kong APS, Ezzati M, Aguilar-Salinas CA, McGill M, Levitt NS, Ning G, So WY, Adams J, Bracco P, Forouhi NG, Gregory GA, Guo J, Hua X, Klatman EL, Magliano DJ, Ng BP, Ogilvie D, Panter J, Pavkov M, Shao H, Unwin N, White M, Wou C, Ma RCW, Schmidt MI, Ramachandran A, Seino Y, Bennett PH, Oldenburg B, Gagliardino JJ, Luk AOY, Clarke PM, Ogle GD, Davies MJ, Holman RR, Gregg EW. The Lancet Commission on diabetes: using data to transform diabetes care and patient lives Lancet
2021 Dec 19;396(10267):2019-2082.
Cooper ME, Rosenstock J, Kadowaki T, Seino Y, Wanner C, Schnaidt S, Clark D, Johansen OE; CARMELINA investigators. Cardiovascular and kidney outcomes of linagliptin treatment in older people with type 2 diabetes and established cardiovascular disease and/or kidney disease: A prespecified subgroup analysis of the randomized, placebo-controlled CARMELINA® trial Diabetes Obes Metab
2020 Jul;22(7):1062-1073.
Espeland MA, Pratley RE, Rosenstock J, Kadowaki T, Seino Y, Zinman B, Marx N, McGuire DK, Andersen KR, Mattheus M, Keller A, Weber M, Johansen OE. Cardiovascular outcomes and safety with linagliptin, a dipeptidyl peptidase-4 inhibitor, compared with the sulphonylurea glimepiride in older people with type 2 diabetes: A subgroup analysis of the randomized CAROLINA trial Diabetes Obes Metab
2021 Feb;23(2):569-580.
Ahrén B, Yamada Y, Seino Y. The mediation by GLP-1 receptors of glucagon-induced insulin secretion revisited in GLP-1 receptor knockout mice Peptides
2021 Jan;135:170434.
Seino Y, Yamazaki Y, Yabe D. The Asian Association for the Study of Diabetes: The first 10 years and the next 10 years J Diabetes Investig
2020 Sep;11(5):1079-1084.
Yabe D, Higashiyama H, Kadowaki T, Origasa H, Shimomura I, Watada H, Tobe K, Iglay K, Tokita S, Seino Y. Real-world Observational Study on Patient Outcomes in Diabetes (RESPOND): study design and baseline characteristics of patients with type 2 diabetes newly initiating oral antidiabetic drug monotherapy in Japan BMJ Open Diabetes Res Care
2020 Nov;8(2):e001361.
Seino Y, Kim DJ, Yabe D, Tan EC, Chung WJ, Ha KH, Nangaku M, Node K, Klement R, Yasui A, Lei WY, Lee S, Kyaw MH, Deruaz-Luyet A, Brodovicz KG, H-H Sheu W; EMPRISE East Asia study group. Cardiovascular and renal effectiveness of empagliflozin in routine care in East Asia: Results from the EMPRISE East Asia study Endocrinol Diabetes Metab
2020 Sep 16;4(1):e00183.
Fujita Y, Tanaka D, Tatsuoka H, Matsubara M, Hyo T, Hamamoto Y, Komiya T, Inagaki N, Seino Y, Yamazaki Y. A novel splice-site mutation of the HNF1B gene in a family with maturity onset diabetes of the young type 5 (MODY5) Endocrinol Diabetes Metab Case Rep
2020 Sep 23;2020:20-0092.
Seino Y, Kaku K, Kadowaki T, Okamoto T, Sato A, Shirakawa M, O’Neill EA, Engel SS, Kaufman KD. A randomized, placebo-controlled trial to assess the efficacy and safety of sitagliptin in Japanese patients with type 2 diabetes and inadequate glycaemic control on ipragliflozin Diabetes Obes Metab
2021 Feb 10. doi: 10.1111/dom.14346.
Imaki S, Iizuka K, Horikawa Y, Yasuda M, Kubota S, Kato T, Liu Y, Takao K, Mizuno M, Hirota T, Suwa T, Hosomichi K, Tajima A, Fujiwara Y, Yamazaki Y, Kuwata H, Seino Y, Yabe D. A novel RFX6 heterozygous mutation (p.R652X) in maturity-onset diabetes mellitus: A case report J Diabetes Investig
2021 Mar 15. doi: 10.1111/jdi.13545.

 

総説(英語)

著者 タイトル 掲載誌名
掲載号等・掲載年
Kubota S, Liu Y, Iizuka K, Kuwata H, Seino Y, Yabe D. A review of recent findings on meal sequence: an attractive dietary approach to prevention and management of type 2 diabetes Nutrients
 (2020) 12(9):2502.
Seino Y, Yamazaki Y, Yabe D. The Asian Association for the Study of Diabetes (AASD): The first ten years and the next ten years. Journal of Diabetes Investigation
(2020) 11(5):1079-1084.

 

学会(海外)招待講演、シンポジウムのみ記載

会名称 発表テーマ 発表者
日程 場所
Ulaanbaatar International Congress of Endocrinology and Diabetes AASD and IDF-WPR: Collaborations to improve diabetes care in our region. Daisuke Yabe
August 27-29, 2020 on line
International Congress of Diabetes and Metabolism 2020 Ameliorating glucose-lowering effects of GLP-1 receptor agonists: Challenge to expand -cell mass in vivo. Daisuke Yabe
2020/9/19 on line
The 41st Annual Meeting of the Endocrine Society and the Diabetes Association of the R.O.C Pathophysiology of Type 2 Diabetes in Asia: Demands to facilitate diabetes research to improve diabetes care in the region. Daisuke Yabe
September 5-6, 2020 on line

 

学会(国内)招待講演、シンポジウムのみ記載

会名称 発表テーマ 発表者
日程 場所
第57回日本リハビリテーション医学会学術集会 褥瘡のリハビリテーション医学・医療の未来に向かって 褥瘡のリハビリテーション医学・医療の未来 栄養療法の重要性 真壁 昇, 宮本 定治, 平野 博久, 垣田 真里, 惠飛須 俊彦, 桑田 仁司
2020年8月19-22日 オンライン
第63回日本糖尿病学会年次学術集会 当院における高齢者糖尿病のサルコペニア併存率-AWGS 2014とAWGS 2019の比較- 茂山 翔太,松木良介、平沢良和、谷名英章、玉城光平、坂口真由香、高橋拓也、北谷直美、桑田仁司、浜本芳之、清野裕
2020年10月5-16日 オンライン
第63回日本糖尿病学会年次学術集会 糖尿病性腎症重症化予防への取り組み―現状と課題,そして新たな展開― 北谷 直美
2020年10月5-16日 オンライン

 

メンバー

部長 桑田 仁司
センター長 山田 祐一郎
上級特別研究員 福島 光夫
上級特別研究員 山崎 裕自
上級特別研究員 臼井 亮太
上級特別研究員 遠藤 隆之
上級特別研究員 茂山 翔太
特別研究員 田中 永昭
特別研究員 表 孝徳
特別研究員 松木 良介
特別研究員 平澤 良和
特別研究員 清水 忍
特別研究員 江藤 博昭
研究員 和泉 清拓
研究員 山口 裕子
研究員 原口 卓也
研究員 中谷 晋
研究員 松原 実穂
研究員 真壁 昇
研究員 森口 由香
客員研究員 窪田 紗希
客員研究員 窪田 創大
客員研究員 Yermek Rakhat
センター長(兼)糖尿病地域医療推進センター 部長 黒瀬 健